求人を見つけまSHOW!|柔道整復師などの専門的な資格を活かす

笑顔の男女

未経験から正社員へ

作業担当者

お仕事をお探しの方もいらっしゃるかもしれません。高収入を得たいと考えたら、集中して数ヶ月から働ける期間従業員などがおすすめです。ネットでは、工場の期間従業員求人を見つける事ができますが、採用されると祝い金が20万弱出る所もあります。次のお給料までの生活費に当てられるかもしれません。

詳しくはこちら

必要不可欠な存在である

男性

日本は比較的インフラが整っていることで知られていますが、中にはまだ不十分なところも沢山存在します。そのため土木作業員の数が足らないためにその求人を出している会社が沢山あります。ですから土木作業員として働きたいと思っている人は、より待遇の良いところを探してその会社に応募するのが良いです。

詳しくはこちら

治療とリハビリの専門家

女性

独占資格のため仕事は安定

医療関連の求人情報サイトを見ていると、医師や看護師、歯科医師といった職種に混じって柔道整復師に関する求人が掲載されているのをよく目にします。柔道整復師とは厚生労働省が認定する国家資格で、またそれを業とする者の職名でもあります。柔道整復術と呼ばれる技術を駆使し、骨や筋肉などの故障を治療するのが主な業務内容です。いわゆる独占資格に属し、資格を持っていないとその仕事に就くことができません。柔道整復師に対する求人数は多く、業務の性格上景気の動向等に関係なく常に一定の需要があることから、人気の職種となっています。また医師等に比べるとマッサージなど隣接分野の技術を身につけることで仕事の幅を広げやすいといったメリットもあります。

3年の専門教育を経て就業

柔道整復師の資格を得るためには、まず国の指定した養成施設で最低3年間学習し、必要な知識や技術を身につける必要があります。養成施設には大学や3年制の専門学校があり、実技はもちろん解剖学や整形外科学などの幅広い専門知識を習得します。その後国家試験に合格することで初めて柔道整復師として働くことができます。柔道整復師の主な就職先は、接骨院や整骨院、総合病院の整形外科などです。柔道整復術による骨折や脱臼、打撲などの治療を独占業務として担当します。また福祉分野におけるリハビリテーション施設等からも求人があります。こちらは独占業務ではないという点に注意が必要ですが、高齢化の進展に伴って機能回復訓練の指導者としての需要は拡大傾向にあります。

現場監督のプロです

ワーカー

施工管理の資格を持った従業員は、どの建設会社も不足しておりとても重要です。一般的な建設作業員の求人に比べてはるかに優遇されるので、今後建設業界で働く人は資格を取っておくことにこしたことはないでしょう。

詳しくはこちら

Copyright© 2015 求人を見つけまSHOW!|柔道整復師などの専門的な資格を活かすAll Rights Reserved.